酵素ドリンクを断食中に飲む理由

断食と酵素ドリンクはセットで語られることが多いですが、なぜ酵素ドリンクを断食中に飲むとよいのでしょうか。

断食方法なら水だけを飲むやり方もあります。この方法なら水道代以外に何らお金をかけることなく断食を行うことができます。

しかし、酵素ドリンクを飲まずに行う断食には欠点があるのです。

断食中に代謝が低下する

断食をすれば代謝が当然低下します。無理な食事制限をすれば、筋肉が減って代謝が低下することはあなたもご存じだと思います。

断食は無理な食事制限の中でも、一番過酷なものに該当します。断食が宗教的なものをルーツとしたものであっても、科学的な観点から例外なく代謝は低下します。

酵素ドリンクには断食中の代謝の低下を防ぐ役割があります。

人間がエネルギー代謝を行うためには酵素が必要です。体に酵素が豊富であれば、エネルギー代謝はスムーズに行われます。

酵素は体の中の全ての代謝活動で必要な物質であり、それはエネルギー代謝においても例外がないからです。

無理な食事制限の結果として代謝が低下して太りやすくなった場合、食事量が減り体内に取り入れる酵素が減ったのも1つの原因です。

断食中は何も食べないため、体内の酵素が不足してしまいます。その結果として、代謝が低下して太りやすくなります。

断食後に体重を戻してしまう(リバウンドしてしまう)原因の1つが酵素不足なのです。

断食中に酵素ドリンクを飲んで酵素を補っておけば、断食後にリバウンドを引き起こす可能性が減ります。

酵素ドリンクは筋肉の減少も防ぐ

断食中に酵素ドリンクを飲むことは、体の筋肉の減少を防ぐ効果をもたらします。

断食により体の筋肉が減少する原因は、食事が入って来ず脳がブドウ糖不足に陥って体の筋肉を分解するからです。

筋肉は非常用のブドウ糖の貯蔵庫としての役割を担っています。

筋肉はアミノ酸でできています。体に食べ物が入ってこない非常時には、筋肉内のアミノ酸を分解して肝臓でブドウ糖に再合成することができます。

しかし体脂肪はブドウ糖に再合成することができません。そのため、断食中の筋肉の分解を防ぐためには、断食中に適度にブドウ糖を補っておく必要があるのです。

酵素ドリンクは適度なブドウ糖を含んでいます。

断食中に酵素ドリンクを補うと筋肉の減少を防ぐことができるのはこのためです。

断食でなりやすい便秘にも

断食をすれば便秘になりやすいものです。食べ物が体に入ってこないため、腸内の便を押し出すことができずに便秘になるのです。

酵素ドリンクは発酵飲料の一種なので、乳酸菌と乳酸菌が作り出す体に有用な成分を豊富に含んでいます。

酵素ドリンクを飲むことでこれらの成分も補うことができ、腸内環境が整えられて便秘の解消にも役立ちます。