酵素サプリと酵素ドリンクのメリットとデメリット

酵素ダイエットには酵素サプリか酵素ドリンクを利用しますが、どのタイプの酵素製品を購入すればよいのか迷うと思います。

酵素サプリにも酵素ドリンクにも良い面とマイナス面の両方があります。また、酵素ダイエットとしての効果にも違いがあります。

酵素サプリと酵素ドリンクのメリットとデメリットについて解説します。

酵素サプリは手軽に補えるけど…

酵素サプリの最大のメリットは持ち運び自由で、どこでも手軽に酵素を補えることです。

酵素ドリンクの場合はそうはいきません。700mlくらいある重く大きな瓶を持ち運ぶのが難しいからです。

しかし、酵素ダイエットの効果として考えると、酵素サプリは酵素ドリンクよりも劣っています。酵素サプリの方が酵素の含有量が少ないからです。

酵素サプリは軽い錠剤を数粒飲めばよい手軽さがメリットですが、錠剤の軽さ(1回分で飲む錠剤数粒は1g程度の重量)に比例して酵素を補える量も少なくなるのです。

酵素ドリンクの場合は1回に40ml(重量にして40g)くらい飲みます。

いくら錠剤に酵素を凝縮して配合したとしても、酵素ドリンクの40分の1の重量なので酵素の含有量は酵素ドリンクと比べて少なめです。

そのため、酵素ダイエットの効果を大きく得たいのなら酵素ドリンクを選択する方がよいでしょう。

酵素以外の成分に注目

酵素サプリに酵素以外の成分が配合されている場合、その成分の効果にも注目する必要があります。

例えば、酵素数が一番多い酵素サプリである優光泉酵素サプリ(酵素数508種類)を例に挙げると、1粒当たりに乳酸菌を150億個含んでいます。

乳酸菌は便秘解消の効果を期待できる成分です。乳酸菌サプリとして考えても、150億個もの乳酸菌を含む製品は多くないです。

優光泉酵素サプリの場合は、酵素ダイエットの効果と便秘解消の効果を両方とも期待できると言えます。

このように、酵素サプリにも酵素ドリンクにもメリットとデメリットがあります。

家で本格的に酵素ダイエットをしたい場合、旅行中にも手軽に酵素を補いたい場合など、各シーンで使い分けるとよいでしょう。