酵素の効果は嘘か本当か?

酵素には本当に効果があるのか、それとも酵素の効果は嘘なのか?

酵素は胃酸で分解されるので実際には効果がない、という話はよく聞きます。しかし、酵素には効果があるという説も多いです。

そこで、酵素の効果に関する真実を詳しく解説します。

酵素は胃酸で分解される?

酵素は酸に弱いので胃に入った時点で分解されて効果を失う、と言われることがあります。これは「酵素に効果がない」という説の代表的な理由です。

しかし、人間の栄養摂取のしくみを考えれば、この説が間違いであることがわかります。

例えば体が筋肉(たんぱく質で作られる)を作るためには、その材料としてたんぱく質を補う必要があります。牛肉などを食べてたんぱく質を補えば、それを材料として筋肉が作られます。

しかし、食べた牛肉がそのまま体の筋肉になるわけではありません。食べた牛肉が胃でアミノ酸まで分解され、小腸でアミノ酸の形で吸収されます。

このアミノ酸が体内で再合成されて筋肉が作られます。

コラーゲンに関しても同じです。

サプリメントでコラーゲンを補った場合、補ったコラーゲンがそのまま肌のコラーゲンになるわけではありません。

補ったコラーゲンが胃と腸で分解されてアミノ酸の形で消化吸収され、その後に体内で再び肌のコラーゲンとして再合成されます。

コラーゲンドリンクを飲んだ翌朝の肌の調子がいつもと違うのは、アミノ酸に分解されてから吸収されてもコラーゲンの効果が失われていないからです。

酵素に関しても同じことが言えます。

酵素はたんぱく質という殻に包まれた物質なのですが(酵素=たんぱく質ではない)、胃酸でアミノ酸と酵素本体に分解されて小腸で吸収されます。

体内で再び利用可能な酵素の形に再合成されてから、酵素の効果を発揮します。

酵素は胃酸で分解されても酵素の効果は失われないわけです。

酵素のダイエット効果は本当?

酵素にダイエットの効果があるのは本当です。むしろ、ダイエットの効果だけでなく、健康維持に対するあらゆる効果を発揮します。

生命維持活動は酵素抜きでは考えられません。呼吸をするにも、体内に取り入れた酸素からエネルギーを生み出すにも、酵素が必要になります。

心臓の筋肉を動かすにも酵素は必要ですし、摂取したビタミンを体内で処理するにも酵素が必要です。

言い換えると、酵素抜きで生命維持は成り立ちません。

だから、単純に酵素を補うとダイエットに効果があるというだけでなく、体内で酵素が関わる全ての活動において効果があるということです。

酵素を補うと代謝が上がるだけでなく、健康や美容にも役立つというわけです。

酵素ドリンクの効果は?

酵素ドリンクには上に書いたダイエットの効果だけでなく、便秘を解消させる効果もあります。酵素ドリンクを飲むとダイエットにも便秘解消にも役立つのです。

酵素ドリンクは植物原料を発酵させた発酵飲料です。

ヨーグルトが体に良い理由は発酵飲料だからです。牛乳を発酵させることで本来なかった乳酸菌がヨーグルトに含まれ、この乳酸菌と乳酸菌が生み出す短鎖脂肪酸が腸内環境を改善させるのです。

発酵とは乳酸菌が生じることです。

酵素ドリンクには乳酸菌と乳酸菌の生産物(短鎖脂肪酸)が含まれているので、腸内環境を整えて便秘解消にも効果を発揮します。

実は短鎖脂肪酸にも代謝を上げる(エネルギー消費量を増やす)効果があります。

酵素ドリンクを飲むと、酵素と短鎖脂肪酸のダブルの効果で代謝が上がるわけです。
(※ヨーグルトにも短鎖脂肪酸は含まれていますが、高カロリーなので逆に太ります。)